本当の消費者団体を目指して

★ 全国消費者協会、消費者の権利のみを主張せず、「消費者義務」を考える消費者団体として、
市民の本当の消費者団体を目指して27年の活動を続けております。
消費者団体の中には、大企業が拠出し消費者が一人も居ない、偽消費者団体もあります。

そんな偽消費者団体は資金力もあり派手な活動が可能で有名になります。
しかし、私たち全国消費者協会は、資金なく、人手なく、名も無く、ここまで来ました。
消費者の義務を考える数少ない消費者団体として活動を続けてきた「市民の消費者団体」です。
「市民の消費者団体」とは、大企業母体の消費者団体ではない意味です。

現代経済社会は、資本主義と言うより株式市場主義が土台となり、企業が、表面的には別として顧客より株主を重要視する時代になり、大企業は、社会的存在意義より利益追求第一主義になりました。そして、市民社会は、ノンポリ化がますます進みます。この二つのことが、「消費者主権の確立」を後退させることへと拍車をかけます。従って、私たちは、今こそ「消費者義務の履行」を実践して、悪徳企業が自然淘汰されて行く現代市民社会をつくり上げなければならないと考えます。
大企業に期待を望めない現代、地球環境を守りながら、消費生活のあるべき姿を求めるためには、
やはり消費者義務を履行する市民を一人でも多く増やす方法しか道はないと考えます。
消費者運動を大企業、政党に利用されないことが本当の「消費者主権」なのかもしれません。
全国消費者協会は、イデオロギーに拘らない消費者団体として、善良な企業と共に、行政と共に
今後も活動を続けてまいります。

  

公正取引と地球環境、食の安全を推進する消費者団体

企業から支援、広告料等を受けない市民の消費者団体です。

ユニセフマンスリーサポート

ユニセフマンスリーサポート

子ども達のためにできることから少しずつ協力してください。

ユネスコ・アジア文化センター

ユネスコ・アジア文化センター

当協会は、ユネスコ・アジア文化センターを応援しています。

日本医療面接士会

日本医療面接士会

全国医療カウンセラー協議会

全国医療カウンセラー協議会

優良事業所として推薦します。

優良事業所として推薦します。

不動産任意売却センター

一般財団法人日本音楽芸術協会

一般財団法人日本音楽芸術協会

一般財団法人日本芸術協会は、同法人設立日である10月5日を「音楽芸術の日」とし、10月を「音楽芸術月間」としました。

llp日本音楽芸術協会

llp日本音楽芸術協会

上記財団は営利事業を行わない為に当組合が音楽に関する営利事業を行い関連団体の財政を支えます。1、音楽教室の経営 2、演奏会の企画運営 3、出張演奏 4、歌手の養成 5、音楽CDの出版

「音楽芸術の日」「音楽芸術月間」

「音楽芸術の日」「音楽芸術月間」

毎年「音楽芸術月間」に「音楽芸術祭」として日本ミュージック・グランプリ大会、当協会顕彰牌授与式、演奏会を行います。